読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーンの最新リセマラおすすめランキング!

アメリカでも、ヨーロッパでも、中国でも!世界中で大人気!無料で遊べるカードゲーム『ハースストーン』が遂に日本上陸!その最新リセマラおすすめランキングを一挙公開!気になる一位はやっぱり…?

f:id:the_beesknees:20151027160516j:plain

リセマラランキング

一位、リセマラしない、です。ハースストーンでリセマラをするのは全くオススメできません。

なぜならハースストーンのすべてのレアカードはガチャで当てなくても入手できるからです。いらないカードを売るとたまる魔素(Dust)で、好きなカードと簡単に交換できるのです。

先に言っておくと、私はリセマラ反対派ではありません。普通のソーシャルゲームではむしろリセマラを積極的に推奨します。リセマラには以下の利点があります。

  • 何十万円つぎ込んでも手に入るとは限らない最高レアを確実に入手できる唯一の手段
  • ゲーム内フレンドをつくりやすい(逆に最高レアがないとフレンドができにくい場合まである)
  • 適正な最高レアが一体あるだけで進行が圧倒的に楽になる
  • 入手困難なので、持っているだけで優越感を味わえて人にも自慢できる

これだけの利点があるのですから、ソシャゲのリセマラはやらにゃ損損です。レッツ・リセマラ!

ですが、先に書いたように、ハースストーンでは時間をかければ誰でも欲しいカードが手に入る仕組みがあるので、レアカードの希少性は大してありません。仮にあなたが人気トップの「シルヴァナス・ウィンドランナー」をリセマラで引いても、ある程度プレイしている人は大体持っています。仮に所持していなくてもその気になればすぐつくれるので、誰も羨ましがってくれません。それにソシャゲにありがちなフレンドのキャラを借りるシステムもないので、人に見せびらかすのも困難です。

また、一枚強いカードを手に入れたからと言ってどうにかなるゲームではありません。カードゲームは、雑魚カードだけでつくったデッキがレアカードてんこ盛りのデッキを簡単に打ち負かす世界です。なにより、チュートリアルが優に一時間を超えます…狙いのカードを引き当てた時にはもうお爺さんになってるかもしれません。リセマラをやってもスタートダッシュを決められず、むしろ人より遅れをとることになるでしょう。

 

なーんだ、リセマラないならつまらなそうだな、と思ったあなた、ちょっと待って下さい!確かに、リセマラ不要!をうたうソシャゲはちっとも面白くないですよね?ソシャゲの醍醐味は、ガチャで最高レアを引いて気持ちよくなってオレツエーして人に自慢することだろ!その通りです。

でもハースストーンが普通のソシャゲと違うのは、対人戦だということです。相手も本気なので、勝った時の気持ちよさは、きっとガチャでレアを引き当てた気持ちよさにも引けを取りません。ガチガチの課金者のデッキに勝った、勝利を確信して煽ってくる相手に逆転して勝った、明らかな初心者を散々弄んでやって勝った…対人戦の楽しみ方は人それぞれです。もちろん負けた時は相応に悔しいですが、それもまた醍醐味の一部でしょう。ふつうのソシャゲとはまったく異なる面白さがそこには広がっています。

実際にゲームをはじめる方へ

!追記(16年6月)

ここの記述は15年10月当時のもので、現在とは異なります。今の環境で何が初心者向けか、何が強いかは随時更新されている以下のサイトを参照ください。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC 日本語Wiki。初心者向けのガイドやデッキが多数。

HEARTH GAMERS ラダーやトーナメントでリアルタイムに活躍しているデッキを日本語で紹介。デッキランキングあり。

強いカードもないし、じゃあはじめはまず何を目標にしたらいいの?Wikiのここに書いてあるデッキをつくりましょう。メックメイジがおすすめです。なぜかというと、メックと呼ばれるタイプのカードは一通り揃えればすべてのヒーローに流用してメックデッキがつくれるからです。しかもそれなりに強い。

でも、ちょっとやってみて課金してもいいかなって思えたら「カース・オブ・ナクスラマス」を購入してフェイスハンターと呼ばれるタイプのデッキをつくりましょう*1。なぜかというと、フェイスハンターはプレイが簡単なのにプロが大会でも使うようなすごく強いデッキだからです。さきほどのwikiのデッキはあくまで低予算デッキで、高価なカードを使ったより強い同タイプが存在します。でも、フェイスハンターは全然レアカードがないのにこれで完成形です。あなたが使うデッキはプロと同じものです。

 

え!じゃあオレもプロってことだってばよ…?!次のステップに進みましょう。そう、もしあなたがこのゲームで強くなれば、お金を稼げるかもしれません。年齢はまったく関係ありません。ハースストーンには世界大会があって、今年はなんとブラジルから14歳の男の子が出場していました。彼はアメリカ大陸予選で敗れてしまいましたが、少なくとも無料でアメリカ旅行ができて、十数万円の賞金をもらっています。日本からも大学生がこの世界大会に出場していて、台湾旅行とアメリカ旅行と賞金数十万円をすでに手にし、今度の本戦で優勝すれば1000万円もらえます。彼らは別に課金して何百万円も突っ込んだわけではなく、単にゲームが上手いだけです。14歳の男の子にできることが私たちにできないわけがありませんよね?

残念ながら来年の世界大会は私が優勝して1000万円をもらう予定なのでチャンスはありませんが(今は1000万円の使い道に頭を悩ませています…いいアイデアがあったら教えて下さい)、ひょっとしたら再来年の優勝者はあなたかもしれません。もちろん、世界大会がそう簡単なわけありませんが、小さな大会で数万円、いや、数千円くらいなら…ねえ…?どうせスマホをいじって遊ぶなら、そんな夢のあるゲームで遊んでみませんか?

はじめたばかりは多分負けまくると思います。はじめてすぐ強くなった!という人は、大体他のカードゲームやボードゲームの経験者です。厳密には初心者ではないので、ただのズルです!焦らず、腐らず、色々調べたり人に聞いたりして、ゲームを楽しんで下さい。ハースストーンの世界は実は『HUNTER×HUNTER』並に情報戦です。一人で強くなるには限界があります。初心者向けの解説は検索すればいっぱいでてきますし、twitterなどで強そうな人に聞いたら多分やさしく教えてくれるでしょう。ハースストーンのコミュニティは今、全力で初心者歓迎ムードです。これを逃さず飛び込みましょう。運命の女神に後ろ髪はありません。 

 

 

Hearthstone: ハースストーン

Hearthstone: ハースストーン

 

スマホAndroid で課金するかもしれない人は、Amazon経由でアプリをダウンロードした方がお得です。後から切り替えることも可能なので、よくわからなかったらスルーして、普通にGoogle Playからダウンロードしてください。でも、課金しようかな、と思った時にはこの注意書きを思い出して、ちょっと調べてみてくださいね。 

*1:ゲーム内通貨をためれば課金しなくても購入できます。今は環境が大きく変わり、ナクスラマスは終了、フェイスハンターは弱体化しました(2016/06/24現在)。今レジェンドほぼなしで大会でも使われるデッキはアグロ・シャーマン、ズー、ミッドレンジ・ハンターで、どれも非常に強力です。デッキランキングはここここあるので、参考にされることをオススメします。